この差って何ですか?血管年齢が若い人と老けている人の差 血管年齢を若くするストレッチ

2月14日の「この差って何ですか?」で血管年齢が若い人と老けている人の差が紹介。

解説してくれたのは、立命館大学の家光素行先生。

【関連記事】
この差って何ですか?長い時間体を温める飲み物と温められない飲み物

スポンサーリンク

川口春奈さんはなんと+14歳

番組ではMCとゲストを含めた6人の血管年齢を測定し、実年齢との差をランキングに。

その結果もっともよかったのは具志堅用高さんで実年齢マイナス3歳、逆にもっとも悪かったのが川口春奈さんで実年齢プラス14歳。

血管年齢が若いか老けているかは、身体の柔らかさによる

家光先生によると、血管年齢が若いか老けているかは、身体がやわらかいか硬いかの差。

血管年齢が若い人は、新しいゴムホースのように血管が柔らかい。一方、血管年齢が老けている人は硬い。

筋肉の一部である血管が硬いということは、身体もかたくなる。

ストレッチにより血管を柔らかくする物質が出てくる

ストレッチを行うことで、血管の中から血管をやわらかくする物質が出てくる。

家光先生が、血管年齢を若くするストレッチを教えてくれた。

血管年齢を若くするストレッチ1

(1)足を伸ばして床に座る

(2)片方の足をお尻のほうに持っていき、身体を少し後ろに倒す

ゆっくり呼吸をしながら無理しない程度で30秒間キープする

(4)反対側も同じように行う

血管年齢を若くするストレッチ2

(1)足を伸ばして座り、片方のひざを曲げて、足を交差させる

(2)ひざをひじで押さえ、上体をひねる

(3)ゆっくり呼吸をしながら30秒間キープする

(4)反対側も同じように行う

2つのストレッチとも、右左をワンセットとして1日3回行う。

【関連記事】
ガッテン! 2/8 血圧異常の冷え症に、太もも・ひざ・ふくらはぎの血管のばし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ