その原因、Xにあり!20秒で改善!朝の鼻づまりは握りこぶしで脇の下を圧迫

風邪や花粉症でもないのに、朝起きたら鼻が詰まっていることがある。

2月3日のフジテレビ系「その原因、Xにあり!」で、その朝の鼻づまりの原因のひとつと20秒で改善する方法が紹介された。

教えてくれたのは、はくらく耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニックの生井明浩院長。

その原因、Xにあり!2/8 目の便秘によるドライアイにホットタオル
その原因、Xにあり! 物忘れや疲れが取れないのは隠れ貧血の可能性も

スポンサーリンク

朝の鼻づまりの原因は寒暖差アレルギー?

風邪や花粉症でもないのに朝起きて鼻が詰まるのは、寒暖さアレルギーの可能性がある。

急激な温度の変化によって、神経が過敏な状態になってしまう。

神経が過敏になると、鼻のなかの鼻甲介という部分が腫れることによって、鼻づまりが起こってしまう。

鼻甲介とは

鼻甲介とは、粘膜に覆われた鼻の内部のひだのこと。

冷たい空気を吸い込むと、鼻甲介が膨張し一瞬で空気の温度を上げてくれるエアコンのような働きをしてくれる。

外気を体温に近い温度に変えることで、肺へのダメージを防ぐと同時に、ウイルスや細菌などから身体を守ってくれている。

しかし、寒暖差アレルギーだと鼻甲介が過剰に反応し、空気の通り道をふさぐほど大きく膨らみ鼻づまりを起こしてしまう。

7℃以上急激に下がると危険

温かいところから寒いところへ7℃以上の温度差が急激に起こったときに、寒暖差アレルギーが起こるのではいかと考えられている。

もっとも起こりやすいのが朝。

寝ているときの布団の中の温度は28~33℃。リビングとの温度差は約20℃、洗面所との温度差は約23℃。

これが寒暖差アレルギーを引き起こす原因と考えられる。

たった20秒で鼻づまりを改善する方法とは?

(1)つまっている鼻と同じほうの手でこぶしを握る

(2)つまっている鼻と反対の脇を開き、脇の下にこぶしを無理なくはまるように当てる

(3)そのまま開いた脇を閉じ、こぶしを挟んで脇の下周辺を圧迫

(4)この状態で20秒ほど待つ

これだけで、朝の寒暖差アレルギーが解消されるという。

交感神経は脇の下と鼻でつながっているため、脇の下を圧迫することで鼻の交感神経を刺激。

交感神経が刺激されると、血管が収縮し鼻甲介が小さくなるという。

交感神経は脇の下と鼻で左右反対につながっているので、右の鼻がつまっているときは左の脇の下、左の場合は右の脇の下を圧迫して刺激する。

温度差には慣れていると思うが、たまにムズムズすることがあるので、そのときにはぜひ試してみたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ