今でしょ!講座 薬の飲み方&新常識 お薬手帳アプリ、抗生物質は最後まで飲み切る

1月31日の「林修の今でしょ!講座」は『間違いだらけの薬の飲み方&新常識 2017年薬検定SP』と題して、○×クイズ形式で薬の最新事情や飲み方などが紹介。

食後に服用するのは、なぜそう書かれているかなどが興味深かった。

解説してくれたのは、東京理科大学の上村直樹先生。

スポンサーリンク

大人の薬を子どもが飲んではいけない

家族で薬を分け合うのは、絶対NG!

ポイントは、子どもが大人の薬を飲んだ時、体内で正常に薬を分解できるかどうか?

薬は基本的に、体重に応じて飲む量が決められているが、薬を代謝してくれる肝臓の機能は、大人と子供では全然違う。

子どもは肝臓の機能が未熟なため、大人ほど薬を代謝できず、大人の薬を子どもが飲むとどんどん副作用が出てしまうことがある。

たとえ体重が多くても、中の臓器は子どもなので、特に病院で処方してもらった大人の薬を飲んではいけない。

大人同士の場合も、アレルギーなどがあったら困る。

たとえば、錠剤を形づくるカゼインは牛乳の成分なので、アレルギーが出る可能性がある。

「食後」は、薬を飲むのを忘れないため

食後と書かれた薬を飲む場合、食欲がないなら無理に食べる必要はない。

かつては胃を荒らすことが多かったが、胃を荒らす薬は少なくなってきている。

なんと、食後と書いてあるのは、食後と言われたほうが忘れにくいからという。

薬の血中濃度を一定にするために、1日3回飲む薬は8時間おきに飲むのが一番よい。1回目を午前7時に飲んだら、2回目は午後3時、3回目は午後11時に飲んでも構わない。

ただし、すべての薬に当てはまるわけではないので、気になる場合は医者に相談してみる。

スポンサーリンク

胃腸薬をオレンジジュースで飲んではダメ

胃腸薬はオレンジジュースで飲むと、出過ぎた胃酸を中和するアルカリ性の胃腸薬が、酸性のジュースと中和してしまうので意味が無くなってしまう。

処方された抗生物質は最後まで飲み切る

処方された抗生物質は症状が良くなっても、飲み切るべき。

飲み切らないと、次に薬を飲んだときに効かなくなる可能性もある。

症状が良くなっても生き残った菌が残っていると、抗生物質に耐性ができて、次に同じ抗生物質を使っても全く効かなくなったりする。

お薬手帳を持参すると薬代は安くなる

2016年の4月から、薬剤服用歴管理指導料が120円安くなっている。

お薬手帳は、スマホのアプリにもなっている。

市販薬でも手続きすればお金が戻ってくるものがある

2017年1月からセルフメディケーション税制がはじまり、約1600種類の市販薬が控除の対象になった。

ただし、確定申告で、健康診断書などの提出が必要で、医療費控除との併用もできない。

錠剤やカプセルの薬を水なしで飲んではダメ

水なしで飲むと、食道で薬がくっつく可能性があり、食道に潰瘍ができたりするので大変危険。

体全体に回る量が薬一粒に入っている。のどなどにくっついてそこで全部が溶けると、薬の刺激が強すぎて潰瘍になったりする。

薬は水と一緒に飲んで、一気に流すのが大事。

薬とサプリメントを一緒に飲むのは危険

飲み合わせを間違えると薬の効果がなくなってしまうものがある。

厚生労働省も、薬と健康食品の飲み合わせについて注意喚起している。骨粗しょう症薬とカルシウムなど、意外な組み合わせも良くなくちょっと驚き。

【参考】
健康食品の正しい利用法 – 厚生労働省(PDFファイル)

カプセルの薬はそのまま飲む

カプセルは、胃酸で薬が溶けるのを防ぎ腸まで届ける役割がある。

薬の効果が発揮できないこともあるので、カプセルは外さずにそのまま飲む。

5日分として処方された薬は6日目以降には飲まない

医師は、診察日の容態に合わせて薬を処方するので、その前に出された薬が同じものかはわからない。

期日を過ぎた薬は飲まないほうが良い。逆に副作用が出る可能性もある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ