血流改善方法まとめ

血流をよくしたり、血管を若返らせるのによいとされる食べ物や運動などをまとめておきます。

スポンサーリンク

運動は魔法の薬

中強度以上の身体活動をすると、心臓と血管にさまざまなよい変化が起こる。

必ずしも続けて運動する必要はなく、細切れでも最低10分運動すれば効果があることがわかってきている。

NHK きょうの健康 運動の健康効果 心臓・血管を若々しく保つ

血管のばし

ストレッチで筋肉を伸ばすように、血管を刺激して血管を柔らかくする。

即効性があるが、すぐに効果はなくなるので、毎日続けるのが大切。

ガッテン! 血圧異常の冷え症に、太もも・ひざ・ふくらはぎの血管のばし

ピーナッツ

ハーバード大学の30年間に及ぶ研究で、血管を健康にする食材として浮かび上がったというピーナッツ。

パルミチン酸やリノール酸、αリノレン酸、αオレイン酸などを豊富に含む。

ガッテン! ピーナッツの健康パワーは油。1日20個のピーナッツで血管を強く

レモン酢

お酢に含まれる酢酸が血管を拡張し、レモンに含まれるクエン酸で血流改善が期待できる。

肌年齢も若がえるという。

サタデープラス 血管・肌年齢を若返らせるレモン酢

スポンサーリンク

さばの水煮缶

悪玉コレステロール値を下げるEPAは、熱に弱いが焼くと脂に溶け出てしまうので水煮缶で食べるとよい。

ジョブチューン 心臓病予防にさばの水煮缶でEPAを摂る

くるみ

α-リノレン酸が豊富で、血管がかたくなる動脈硬化の予防と改善し、年を重ねても血管を若く保つことを可能にするという。

奥薗壽子さんの簡単くるみレシピも。

みんなの家庭の医学 血管年齢を若返らせるくるみ

ヒハツ(ピパーツ)

毛細血管を改善して若返る食材として、スパイスのヒハツが紹介。

ゴースト血管のチェック方法も。

主治医が見つかる診療所 毛細血管のゴースト化 予防するヒハツ

ルイボスティー

毛細血管を内側から元気にする飲み物としてルイボスティー、外側から元気する方法として静脈マッサージが紹介。

主治医が見つかる診療所 3/6 ゴースト血管改善に静脈マッサージとルイボスティー・きなこ

ぶらんぶらんウォーキング

1日10分ほど行えば、心肺機能もアップし、全身の血流がアップするため血行改善が期待できるという。

サタデープラス 血液ドロドロ解消 ぶらんぶらんウォーキング

その場スキップとシナモン

その場でできるスキップで、第2の心臓といわれるふくらはぎのポンプ作用で、下半身にたまった血液が上がっていき、全身の血流がよくなる。

食べ物ではシナモンが紹介。

ガッテン! 毛細血管を若返らせる「その場スキップ」「かかとの上げ下げ」

みかんは薄皮も、足指ダッシュ体操

みかんは白い筋や皮も食べる。足指ダッシュ体操は、ふくらはぎのポンプ機能も向上し、全身の血流アップに効果が期待できる。

サタデープラス 3大血流アップ健康法 足指ダッシュ体操、肩まで10分入浴、みかんは薄皮も食べる

足ネバ体操、ペア首モゾ体操

足ネバ体操は、全身の力を抜いたそのば歩き。ペア首モゾ体操は2人で組みになって、首や肩まわりの血流を良くする。

ソレダメ!ももたろう体操、足ネバ体操、ペア首モゾ体操、今何時?体操、もしかめ体操

【関連まとめ・一覧】
肩こり解消体操・ストレッチまとめ
冷え性対策まとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント