世界一受けたい授業 1/28 花粉症対策 薬は花粉が飛ぶ2週間前から飲む、レンコン甘酒を飲む

1月28日の「世界一受けたい授業」は花粉症について。

花粉が飛び始める前から始めたほうが効果が高い、今からできる花粉症対策が紹介された。

教えてくれたのは、新宿メディカルセンターの石井正則先生。

スポンサーリンク

イライラしやすい人は花粉症になりやすい

イライラすると、年齢に関係なく加齢臭が出る。この臭いが出るとハウスダストアレルギーの大きな原因であるダニが体に集まってきて、ハウスダストアレルギーになり、その影響で花粉症になりやすくなってしまう。

ストレスをためないことも、花粉症にならないための一つの対策。

小さくなった花粉の増加で、花粉症の重症患者が増加

埼玉大学の王青曜准教授の研究によると、花粉は髪の毛の3分の1ほどの大きさだが、PM2.5の影響で花粉自体が小さくなることがある。

工場などから排出される化学物質のPM2.5は、髪の毛の30分の1ほどのとても小さな物質。

PM2.5が花粉にくっつき傷がつくと、大気中の水分が傷から中に入り花粉が膨張して破裂する。

元の大きさの花粉であれば鼻水と一緒に外に出せるが、かけらとなった花粉は鼻を通り抜けて、気管支や肺など奥深くまで侵入する。

すると、花粉症の症状としてせきが止まらなくなることがある。

花粉情報だけでなく、PM2.5の情報にも注意。PM2.5が多い日は、花粉が細かくなる可能性が高いので、マスクの選び方にも注意。ウイルス対策と表記されたマスクをつけることがおすすめ。

鼻がむずむずするからと言って、点鼻薬使いすぎるのはよくない。用法・容量をまもって正しく使用する。

スポンサーリンク

花粉が飛ぶ前から薬を飲む

花粉症が重症の人は、花粉が増える前から症状が現れ、花粉の量が増えるとともに症状が悪化。花粉の時期が終わってしばらくしてようやく症状が治まる。

花粉が飛ぶ前から薬を飲み始めると、花粉が飛び始めてもすぐには症状は出ず、ちょっとだけ症状が出てすぐに治まる。

症状が出る期間が短く症状も軽くなることが、研究結果として報告されているという。

毎年、バレンタインデーくらいから花粉は飛び始めるので、1月末の時期から薬を飲むのがよい。

今から食べてほしい野菜レンコン

花粉が体内に入るとIgEという抗体ができる。IgEの量が多いほど花粉症が悪化する。

つまり、花粉症予防にはIgEができないようにすればよい。

レンコンに多く含まれるポリフェノールには、IgEを増やさないように抑制する働きがある。

埼玉医科大学・和合治久教授の研究で、花粉症患者にレンコンを摂ってもらうと、9週間でIgEの量が減少するという結果に。

乳酸菌と合わせて摂る

レンコンは、乳酸菌と合わせて摂ると花粉症予防の効果がアップ。

レンコンと乳酸菌をあわせて摂ると、2週間後には7割の人が効果があると回答したという。

レンコン入り甘酒

番組で紹介されたのはレンコン入り甘酒。

レンコンのポリフェノールは皮に多く含まれているので、皮ごと擦り落とし甘酒に入れるだけ。

レンコンにはムチンという成分もふくまれているので、粘膜のバリア機能が高まり、花粉の侵入を防ぐ効果も期待できる。

鼻づまり解消法

(1)手はだらっとたらして、うつむいて目を閉じる

(2)後頭部のでっぱりから指4本分下の生え際あたりを、2分間強めに挟み込む

そうすると、鼻の通りもよくなって、明るく見えたり、首が楽になったりする。

つまんだところに、鼻につながる交感神経がある。そこを刺激することによって、鼻の中のうっ血した粘膜がキュッとしまって鼻の通りがよくなるのだそう。

子どもの場合は、生え際あたりに41℃のシャワーを2分間ほど当てる。

年が明けたと思ったら、もう花粉症の季節なんですねぇ・・・。

【関連記事】
ジョブチューン 2/11 花粉症にレンコン、丸ごと摂取できるレンコンポタージュスープ
今でしょ!講座 2/7 アレルギー最新検定2017

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ