その原因、Xにあり!1/27 太りにくい高野豆腐大根おろしハンバーグ

1月27日の「その原因、Xにあり!」で、太りにくいハンバーグの裏技が紹介。

太っちゃうハンバーグをどうすれば、太りにくくできるのか?

その原因、Xにあり!1/27 巻き爪予防にスクエアカット
その原因、Xにあり!1/27 顔のむくみにウンパニ体操、足のむくみに巻き肩改善ストレッチ・腹式呼吸

スポンサーリンク

つなぎを高野豆腐にする

慶応義塾大学大学院の渡辺光博教授によると、つなぎの材料に高野豆腐をつかうと太ってしまうハンバーグを改善できるという。

高野豆腐は、豆腐を凍らせてから乾燥しスポンジ状にした、豆腐の栄養成分が凝縮した高機能食材。

レジスタントプロテインが脂質吸収を抑制

高野豆腐にはレジスタントプロテインが豊富に含まれていて、脂質の吸収を抑制しハンバーグを太りにくくしてくれる。

レジスタントプロテインは、消化されにくいタンパク質。脂質によくくっつくので、一緒になって排泄され、お肉に含まれる脂質の吸収を抑えてくれる。

さらに、レジスタントプロテインを摂取すると新しい胆汁酸が生成されて、体中の脂肪の燃焼が促進されることが最新の研究で分かってきているという。

このレジスタントプロテインは、豆腐を凍結・熟成させる工程で増加するので、高野豆腐がおすすめ。

高野豆腐ハンバーグの作り方

つなぎのパン粉を、市販の粉末の高野豆腐に変えるだけ。

1人分で、大さじ3杯(約18g)が目安。

あとは、普段と同じように作るだけ。

より効果を高める大根おろし

高野豆腐ハンバーグの効果をより高めるのが大根おろし。

大根おろしのイソチオシアネートが、脂質の代謝を促しエネルギーに変換する。

(1)一つ目のポイントは、皮を剥かずに、先端の部分も使うこと。

(2)もうひとつのポイントは、おろし汁ことかけること。イソチオシアネートは水分に溶けだしている。

味付けは、しょうゆやぽん酢などお好みで調整する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・その原因、Xにあり!1/27 太りにくい高野豆腐大根おろしハンバーグ ・その原因、Xにあり!1/27 顔のむくみにウンパニ体操、足のむくみに巻き肩改善ストレッチ・腹式呼吸 […]