ガッテン!肺炎予防に肺炎球菌ワクチン、誤嚥性肺炎予防は枕をちょっと高く

1月25日の「ガッテン!」は、肺炎の原因の肺炎球菌と、肺炎球菌対策のワクチンなどについて。

肺炎球菌は昔はいろんなところに存在していたが、現在棲んでいるのは人の鼻の奥の咽頭という部分だけという。番組で検査したところ30人中6人の人の鼻の奥に肺炎球菌は棲んでいた。

スポンサーリンク

咽頭が傷つき肺に落ちると、一気に増殖

肺炎球菌は咽頭にいるだけでは悪さはしない。

風邪やインフルエンザなどで咽頭が傷つくと、菌が肺に落ちやすくなる。

そうなると、一気に増殖を始めて肺炎を発症する。

肺炎球菌ワクチンは脾臓に効力を発揮

肺炎球菌のワクチンは、脾臓に効力を発揮する。

脾臓は、背中の左後ろにある空手の急所のひとつ。腎臓の片方の上側で、肝臓の反対側あたりにある。

なぜ脾臓に効くのか?

肺炎球菌が肺に落ちてくると、脾臓のなかに存在するマージナルゾーンB細胞が抗体を出し、肺炎球菌にくっつくと、免疫細胞の好中球が肺炎球菌をやっつけるようになる。

ところが、脾臓は年齢とともに小さくなる。

マージナルゾーンB細胞が脾臓にいると考えれば、脾臓が小さいほうが絶対数は少なく、肺炎球菌に感染したときに水際で防ぐのは難しくなる。

脾臓が小さくなっても、肺炎球菌ワクチンを接種することで、血液中の抗体が増加し、肺炎球菌が入ってきても、好中球が肺炎球菌をやっつけてくれる。

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンは2種類

厚労省の肺炎予防キャンペーンで、65歳、70歳、75歳と5歳刻みで8,000円が50~100パーセント割引になるキャンペーンを行っているワクチンは、5年間効果が持続し、対応する菌が現在23種類。

もう一種類、肺炎球菌が鼻の奥に住めなくなるワクチンが、赤ちゃんにうたれている。

子ども用のワクチンは一生有効で。対応するのは13種類。

両方うつ場合は1年間隔をあける。

寝ながらできる、誤嚥性肺炎予防

番組の最後に、寝ている間の誤嚥性肺炎をふせぐ簡単な方法が紹介。

寝ているときに、だ液が肺に入って誤嚥性肺炎を引き起こすことがあるが、それを防ぐには、ちょっとだけ頭を高くすること。

ふとんの下に座布団やクッションをおくだけ。

病院でもベッドを傾斜させて寝ている。

だ液を咽頭にためずに、飲みやすくなる。

気持ちよく寝られる範囲で試してみる。

【関連記事】
サタプラ 飲み込む舌の力をパタカラで鍛える
風邪・インフルエンザ予防まとめ
免疫力を上げる方法あれこれ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ