ホンマでっか!?TV 間違いだらけの健康法 うつ病の人に頑張れは禁句ではない

1月18日の「ホンマでっか!?TV」

前半は、間違いだらけの健康法と題して、それまで信じられていたが、研究が進んで実は違っていたなどの健康法が取り上げられた。

スポンサーリンク

糖分の摂りすぎは疲れやすくなる

生物学評論家の池田清彦先生によると、ちょっと食べるにはいいが、甘いものをたくさん食べるとダメ。

たくさん食べると血糖値がドーンと上がって、それを抑えるためインスリンが分泌されて血糖値が一気に下がる。

食べる前より下がったりするので、眠くなったり疲れやすくなったりする。

GI値の低いものがよい

血糖値をいきなり上げるのではなく、ゆるやかにする食べ物が好ましい。

食べたものがどのくらいのスピードで糖になるかというGI値という数値があるが、ナッツ類・牛乳・チーズなど、なるべく低い食べ物がよい。高いのはごはんやパンなど。

また、血糖値が上がったままにすると、糖がタンパク質をべたべたくっつけて、動脈硬化の原因になりやすい。

血糖値は、コンスタントにしたのほうに抑えておいたほうがよい。

骨格筋評論家の岡田隆さんによると、甘みは欲しいが血糖値は上げたくないときにはサツマイモを摂るのがよい。

サツマイモはGI値が低いので、緩やかに血糖が上がるし、エネルギー減にもなるのでダイエット食品としても最適だそう。

甘いものはうつ病のリスク要因

脳科学評論家の澤口俊之先生によると、甘いものはうつ病のリスク要因になるので、コーヒーと一緒に摂るとよいそう。

スポンサーリンク

うつ病の人には「頑張れ」

心理評論家の植木理恵先生によると、うつ病の人に「頑張れ」は禁句だと言われていたが、それはウソ。

うつ病がまだ病気としてきちんと認知されてなかったころに、「頑張れ」は追い打ちとかける言葉として禁句になったが、現在はうつ病が認知され、患者自身も分かって治療に入る。

うつ病は、家族や患者自身が頑張って病気と向き合わなければ治らない。

うつ病の人はトンネルの先がないみたいな気持ちになって、一生うつなんじゃないかという気持ちになってしまう。

「頑張ろう」と周りから言われることで、「治すことができる」という前向きな気持ちになる。「頑張ろう」は、このトンネルは光が先にあるんだという気持ちになるという。

カルシウムの摂りすぎ

総合医療評論家の石原藤樹先生によると、カルシウムの摂りすぎも病気の原因になる。

カルシウムを1日1400mg以上摂っている人は、寿命が短く、心臓の病気が多いという。

通常推奨されている量は1日600~800㎎だが、サプリメントなどで過剰に摂取してしまうことがある。

カルシウムは炎症に沈着しやすいため、腎結石・胆石・動脈硬化の原因になる。

不足もよくないが、多すぎるカルシウムも害になる。

ダイエットのために水泳をするのは危険な場合も

石原先生によると、ダイエットのために水泳をするのは危険な場合がある。

普段運動をしていない人がダイエットのために水泳や水中ウォーキングなどを勧められることが多いが、水中でかかっている水圧が水中から出るときに外れるので、血圧が急に下がり心臓の負担になる。

健康な人であれば問題はないが、高血圧の人や心臓に病気のある人には危険。陸上の運動のほうがよいという。

少し太っているほうががんになりにくい!?

環境評論家の武田邦彦先生によると、痩せすぎ・太りすぎはがんの発生率が高く、少し太っている程度が好ましいというデータもある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ