今でしょ!講座 12/6 寝る1時間前に41℃のお湯に10分入る

12月6日のテレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」は、2016冬 医学が解き明かした最新入浴法。

結論からいえば、寝る1時間前に41℃のお湯に10分入るのがおすすめということだが、番組では、命に係わること、美容にかかわること、の3つに分けて○×クイズのあと、入浴医療の第一人者・前田眞治先生による解説がされた。

スポンサーリンク

お風呂で寝るのは失神の可能性が

入浴中の死亡事故で、今急増しているのは溺死。ここ10年間で約1.7倍に増えている。

脱衣場で服を脱ぐときに寒さで血管が縮んで血圧が一気に上がるが、湯船につかって入浴すると今度は血管が広がって血圧がどんどん下がる。

血圧がジェットコースターのように一気に下がると、脳に血液が届きにくくなり意識を無くして失神してしまう。

失神を防ぐには血圧を上げる。そのためには、湯船につかったまま、桶に用意した冷たい水に手をつけるとよい。

眠くなったら、失神の可能性があるので、一度湯船から出る。

42℃以上の入浴は血液が固まる危険

基本的に、急激な血圧変化は心筋梗塞のリスクが大きい。

42℃以上の風呂に10分入浴すると危険。血液がドロドロになりやすい。

42℃以上で刺激を受けると、血小板が固まり血栓になり血管をふさいでしまうという。

脱衣所を温かく

風呂での死亡事故が一番多いのは香川県。寒いはずの北海道は全国で2番目に少ない。

北海道は家全体を暖めているので、脱衣所とお風呂場の温度差が少ない。

香川など、入浴事故が多い地方は、脱衣所などに暖房器具がおかれてなく、温度差が意外とあるという。

脱衣所に暖房器具を置いたり、浴室ををシャワーなどで温めておいて、寒暖差をなくすのが重要。

スポンサーリンク

半身浴はダイエット効果無し

入浴中はお湯からエネルギーをもらっているので、人間の体のエネルギー消費は少なく、お風呂でカロリーを消費しているのは、なんと浴槽をまたぐときだけ。

むくみを取るなど血行にはよいが、汗が出るだけなので、ダイエット効果はほぼない。

食事の前後30分以上あけて風呂に入る

食べたものを消化するときは、胃や腸に血液が集まってくるが、入浴すると皮膚が刺激され血液は胃腸から皮膚の表面に分散するので胃の働きが鈍くなり、消化不良や肌荒れの原因になる。

食前にお風呂に入るのも良くない。食前は血糖値が低く、入浴で意識が無くなってしまったりする恐れがあるという。

食事の前後30分以内は入浴はやめる。

お風呂の前に緑茶を飲むとダイエットによい

入浴前に緑茶を飲むと、脂肪の吸収を抑えるはたらきを持つカテキンの吸収率が7倍になるという。

一番風呂は肌に一番よくない

人間の肌は弱酸性で、まっさらな水は肌に合わず、肌荒れの原因になる。

入浴剤などをお湯に溶け込ませると、肌への刺激が弱まる。ゆずやみかんなどをいれてもよい。

2日目のお湯は、肌への刺激は減るが、ばい菌が1000倍くらいに増えてしまい、肌が感染すると肌荒れの元になるという。

30分以上の長風呂は良いことなし

「40℃の風呂に10分入っていると、どれくらいの汗をかく?」という質問に松本伊代さんが「5デシリットル」と答えて失笑されたが、正解は500ミリリットル。ぴったり当たっているのに、それについての反応はなし。

30分以上お風呂に入ると、長距離走に匹敵する体力を消耗する。

保湿成分のセラミドが長風呂で体の外に溶けだし、肌荒れの原因にもなる。

冬場は41℃で10分が、体力も消費せず、お肌も荒れない。

お湯のあとにぬるい水をかけると疲れがとれやすい

温かいお湯は血管を広げ、ぬるい水は血管を縮める。これを交互に繰り返すと血流がよくなり、血管の弾力もアップする。

あまり冷たいと血管に負担になるので、30℃程度のぬるめの水が良い。

風邪予防にもなる疲労回復法

41℃のお湯に3分入り、30℃のぬるい水を10秒手足にかける。

これを3セット繰り返す。

激しい運動のあとすぐ入浴すると疲労回復が遅れる

激しい運動をしたあとは、細胞が傷つき高熱になっているので、修復のために冷やす必要がある。

運動後するにお風呂に入ってしまうと、体温を下げることができず細胞が修復されず、疲労が蓄積する。

お風呂には、クールダウンして1時間後に入る。体温より低めのお湯で冷やすと炎症も抑えられ、疲労回復も早まる。

寝る前に熱い風呂に入るとダメ

熱い風呂に入ると、交感神経が刺激され頑張るモードになってしまう。

40℃くらいのお湯に寝る1時間前くらいに入る。

熱い風呂に入ると2日後に運動時の持久力アップが期待できる

人間の体は、自分と違う異物を攻撃し排除しようとする。

お湯の熱による刺激で、細胞を修復する力をもつヒートショックプロテインが増える。

持久力を必要とするアスリートのコンディショニングにも使われたという。

普段は、1時間ほどクールダウンしてからぬるめのお湯に入って、大会2日前に熱い風呂に入るといいのかな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ