世界一受けたい授業 12/3 家でできるインフルエンザ対策はまいたけ、歯磨き、あいうべ体操

12月3日の「世界一受けたい授業」の保健体育の授業で、インフルエンザが特集。

現時点でのインフルエンザの患者は昨年の5倍。

インフルエンザのピークをこれからに控え、新ゆり内科の高橋央先生が、家でできるインフルエンザの予防法を教えてくれた。

スポンサーリンク

今年は熱がないインフルエンザに注意

子どもの約2割、65歳以上の約7割が高熱の出ない、いわば隠れインフルエンザ。

熱が上がらないのが、実は大問題。

人間が高熱を出しているのは、熱に弱いインフルエンザウイルスをやっつけるため。

免疫力が低いお年寄りは熱を上げることができず、インフルエンザウイルスを殺すことができず、肺炎になったりして多くの人が亡くなっている。

熱の上がらない隠れインフルエンザで一番問題なのが、気付かずに感染源となって、家庭や職場、学校などでうつしてしまうこと。

軽い風邪かなと思っても医療機関に行くのが鉄則。

以前は発症から12時間以上経過していないとインフルエンザかわからなかったが、高感度ウイルスセンサーを使うと3時間でインフルエンザかどうかわかるようになった。

まいたけを食べる

家でできるインフルエンザ予防として、3つのことが紹介。

その一つ目は、まいたけを食べること。

まいたけにはβグルカンが含まれ免疫力を高めることが以前からわかっていたが、北海道産の新品種のまいたけを3か月間食べた人は食べなかった人に比べ、インフルエンザ予防接種の効果が3.5倍高まっていたという。

富山大学のマウスの実験では、まいたけにインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があることもわかった。

家族4人で1パック程度の量でよく、熱を加えてもOK。

高級 えぞまいたけ 舞茸バラ合計1kgご家庭用北海道産マイタケ 送料無料 秋の味覚
価格: 2,710円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2 (2016.12.3時点)
完全無農薬、安心・安全・美味しさたっぷりの北海道厚沢部町産「えぞまいたけ」をお届けいたします。 ※発送状況・収穫時期等により確約はできませんが、可能な限り対応させていただきます。ご希望の日にちを備考欄にご記入ください。 ■えぞまいたけ 商品一覧■ 1株(500g) 2株(1kg) 3?4株(2kg) 5?6株(3kg) バラ(合計1kg) まいたけ・しいたけ  生きくらげ(500g)   生きくらげ(1kg)
Supported by 楽天ウェブサービス

毎日歯磨きする

歯磨きはインフルエンザ対策にもなるというが、ここでも口内の悪玉菌が問題。

インフルエンザはウイルスがのどの粘膜にくっつき、そこで増殖を繰り返すことで発症する。

のどの気道の粘膜は、もともとはタンパク質のバリアで守られているが、歯垢など、口の中が悪玉菌で汚れていると、そこから酵素が発生し、このバリアを壊してしまうという。

すると、そこにウイルスがくっつきやすくなってしまう。

ある老人ホームで正しい歯磨き法を徹底的に指導したところ、インフルエンザの発症率が10分の1に下がったというデータもあるそう。

あいうべ体操

口呼吸していた人が自然と鼻呼吸にかわる

口呼吸だと、インフルエンザのウイルスがそのまま体に入り、冷たい空気もそのまま体のなかに入ってしまう。

鍛えるという意識をもって、一日に30回ぐらい行う。

【関連記事】あさイチで放送のインフルエンザ対策 あいうべ体操

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ