その原因、xにあり! 12/2 冬の乾燥肌に皮膚温度を上げるビニール蒸しタオル・温かいペットボトル

12月2日の「その原因、xにあり!」の後半は、冬の乾燥肌のお悩みについて。

ゲストの高橋英樹さんはヒビ・あかぎれ・足の乾燥、浅香唯さんは顔がすごく乾燥するという。

冬の乾燥肌は、最新の研究である意外な原因がわかってきた。

スポンサーリンク

冬は空気が乾燥

偏った食事、睡眠不足、スキンケアのしすぎなどで乾燥肌になったりするが、特に冬場は空気が乾燥する。

冬は肌の水分が逃げやすくなり乾燥肌になりやすいが、冬の乾燥肌の原因はそれだけではない。

乾燥肌の原因は皮膚温度

銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生によると、乾燥肌の原因は皮膚温度にある。

皮膚の温度低下が、肌の保湿機能を弱めるということがわかり注目を集めている。

ポーラ化成工業の研究員によると、皮膚の温度が約28℃を下回ると、皮膚からの水分の蒸発が激しくなって、乾燥肌につながってしまうという。

単純に考えると、皮膚温度が下がると水分の蒸発はすくなくなりそうだが・・・。

キーワードはタイトジャンクション

タイトジャンクションは、皮膚の角層のすぐ内側の顆粒層の細胞同士をくっつける役割をもっている。

皮膚の温度が高いままだと体内の水分は逃げないが、28℃を下回るとタイトジャンクションがくっつかなくなり、体内の水分がどんどん逃げていく。

角層が大事ではあるけれども、その下の顆粒層も水分保持にとって大事な役割を果たしていることがわかってきている。

スポンサーリンク

外出時はマスクと手袋

皮膚の温度を下げないためには、外出時はマスクと手袋をする。

マスクは呼気の水蒸気もあって、湿度も保たれる。

帽子をかぶったり、女性であれば髪をおろしたりするのも効果的。

帰宅後はビニール蒸しタオル

肌を直接濡らしてしまうと、水分が蒸発するときに元々肌にあった水分まで奪っていく過乾燥になりやすく、蒸発するときに皮膚の熱も奪ってしまう。

濡らさずに温めるために、ビニール蒸しタオルをつかう。

水をしぼったタオルをビニールに入れ、封をあけたまま電子レンジで加熱すれば簡単にできる。

外出先ではペットボトル

外出先などでビニール蒸しタオルがない場合は温かいペットボトル。

太い動脈がからだの表面近くを通っている首にペットボトルを当てると血液も温められ、温められた血液が体中をめぐり全身の皮膚温度が上昇し、乾燥肌対策になる。

部屋にいるときも節約や省エネのために暖房はかなり抑えているが、肌の温度が28℃を下回らないようにしないと皮膚にきびしいのか。

首まわりもそうだけども、足のアキレス腱あたりも太い血管が表面に近いからしっかり温めるのがよさそう。

【関連記事】

その原因、xにあり! 12/2 鍋にはまいたけ、ノンストレスダイエットはツナ缶2缶と8時間睡眠

365日のスキンケア [ 慶田朋子 ]
価格: 1,242円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0 (2016.12.2時点)
1日1美活 慶田朋子 池田書店(新宿区)発行年月:2015年12月09日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784262165486 慶田朋子(ケイダトモコ) 銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。1999年、東京女子医科大学医学部卒業、同皮膚科学教室に入局。聖母病院皮膚科などに勤務ののち、2006年に有楽町西武ケイスキンクリニック開設。2011年に現クリニック開設。最新の医療機器と注入治療をオーダーメイドで組み合わせ、「切らないハッピーリバースエイジング」を叶える美容皮膚科医として多くの患者から厚い信頼を得ている。皮膚の働きや美肌に役立つスキンケア、生活習慣などの分かりやすい
Supported by 楽天ウェブサービス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ