主治医が見つかる診療所 11/28 認知症にならない脳育に五感と手書きメモ

11月28日の「主治医が見つかる診療所」は、認知症SPとして、最新・最強の脳育法が紹介。

認知症は20 ~30年かけてゆっくり悪くなってくるので、40代くらいから気をつけたほうがよい。

軽度であれば踏みとどまったり、正常な状態に戻ることができるという。

スポンサーリンク

認知症のリスクを高める生活習慣チェック

(1)睡眠がうまく摂れいないと感じる

(2)運動不足である

(3)たばこを吸っている

(4)お酒を飲みすぎてしまうことがある

(5)野菜をあまり食べない

(6)虫歯や歯周病など歯に問題がある

(7)高血圧の傾向がある

(8)糖尿病の傾向がある

(9)一人暮らしで近所付き合いがない

(10)ストレスが多いと感じる

認知症の原因であるアミロイドβタンパクは夜睡眠中に分解されるので、睡眠は認知症の予防に重要。

4個以上当てはまると、生活習慣の改善がおすすめ。8個以上の人は直ちに生活を変える必要がある。

脳にプチパニックを

南雲吉則先生によると、脳にプチパニックを起こさせると脳の健康のためによく、簡単にプチパニックを起こせるのが、かるた。

かるたはどこにどの札があるか覚えなければならず、そして、読まれた札を瞬時にみつけ、お題が次々に変わってくるプチパニックの連続。

これが脳に最高の刺激になる。

危険な物忘れを見分けるポイント

物忘れ外来で行われている、危険な物忘れかどうかを見分けるポイントを、おくむらmemoryクリニック院長 奥村歩先生が教えてくれた。

(1)最近のニュースを覚えておらず、覚えていないことを取りつくろう

認知症の特徴として、直近の記憶ができない。取りつくろったり、言い訳をすると要注意。

(2)手でキツネやハトを正しく真似できるか?

認知症になると目で見たものの位置・形・方向などを認識する能力が低下するので、人が手の形を正しく真似できない。

(3)簡単な引き算を連続してできるか?

お金の置き場所を忘れて盗まれたというのも、言い訳をしたり取り繕ったりする認知症のサイン。

スポンサーリンク

家族を認知症からまもるポイント

(1)いつの間にか財布の中の小銭が増えている

認知症がある人は、計算できないし、計算することすらうっとうになってしまう。

(2)買い物に行くとを同じものを買ってくる

(3)字を書くときにひらがなが増えてきた

奥村流脳育法

奥村先生が実践する、認知症を予防する脳を刺激する脳育法を教えてくれた。

(1)意識的にデコボコ道を歩く

舗装されていないデコボコ道を歩く。

(2)普段から五感を刺激する

光を浴びる、花のにおいをかぐ、鳥の鳴き声を聞く。

認知症になるとニオイ、それも嫌なニオイからわからなくなる。

(3)必ず手書きでメモを取る

急に思いついたことやひらめいたことをメモする。手で書くことが、脳を活性化させる。

(4)物事はキリの悪いところでやめる

もうすこしというところでやめたほうが、今日の出来事が脳に深く刻み込まれる。

練習を途中でやめるのは確かにサボりだが、旅行などの予定を途中でやめるのは脳にとって良いのか。

常に五感と手書きメモを意識して脳育しよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ