この差って何ですか?11/22 半身浴に最適の温度は40℃

11月22日の「この差って何ですか?」で、半身浴をするときのお風呂の温度の差が実験された。

38~40℃と指定されることの多い半身浴だが、38℃、39℃、40℃のどの温度がよいのか?

38℃で実践してきたという森田豊先生が監修の上、どの温度がよいか実験された。

スポンサーリンク

血流量の差が40℃だと3倍

20代、30代、40代の女性に異なる温度のお湯に20分間半身浴してもらい、組織血流計をつかって入浴前後の顔の血流量を測定。どれだけ血行がよくなったかを調べた。

38℃に設定すると、三人の血流量の差は+3.3。

1時間休憩後、39℃に設定して入浴すると、先ほどは汗をかかなかった20代の女性が顔に汗を。

それでも、三人の血流量の差は+3.3と全く同じに。

最後は40℃に設定して実験すると、これまで一度も汗をかかなかった40代の女性も顔に汗をかき始めた。

明らかに汗のかきかたが異なり、三人の血流量の差も平均+11.2と3倍以上も異なる結果に。

血流量の単位が何なのか気になりはするが、森田先生もびっくりしたというこの結果から、40℃前後が半身浴に最も適した温度と結論づけてよいのではないかと。

湯冷めするまでの時間にも大差

39℃と40℃で驚きの差があったのがもう一つ。

それは湯冷めするまでの時間。

サーモグラフィーを使って、湯冷めするまでの時間を測定すると、30代の女性の場合、38℃や39℃では20~25分で湯冷めしたが、40℃のときは50分を経過しても湯冷めをしなかった。

森田先生によると、湯冷めするまでの時間が1時間あると、温かい体のまま布団に入ることができるので、寝つきもよくなり、睡眠の質を高められるという。

女性3人の測定結果だけなので、根拠としてはまったく乏しいが、それでも半身浴の温度設定を38℃や39℃にしている人は40℃を試してみる価値が十分ありそう。

湯温計:アナログお風呂用温度計サーモ620【郵送可¥260】
価格: 700円 レビュー評価:4.65 レビュー数:26 (2016.12.24時点)
長さ21センチと大きめな湯温計です。 シンプルなデザインですのでメガネを外していても確認しやすい湯温計です。 1目盛りは2℃単位で、37?40度の範囲が適温として、判りやすく色分けされています。 湯船の中に入れるとぷか?っと浮かびます。普段はタイルなどの壁に掛けられる用にフック付きです。 通常のお風呂や半身浴、スチームサウナなどの温度管理に役立ちます。 こちらの商品は温度計の専門メーカー“アイシー”の製品です。 ・測定範囲  0?60℃ ・サイズ   H210mm×W50mm×D15mm 3点まで全国一律260円。4?6点でも400円。11点?で送料無料♪お届け方法で“普通郵便(定型外)”をご
Supported by 楽天ウェブサービス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ