名医のTHE太鼓判 スプーンで視力回復!?

9月26日のテレビ東京系「名医のTHE太鼓判」

目に良いと信じてやっていることを街中で超さしたところ、アントシアンやブルーベリーを食べる、まだたちをたくさんして涙の量を増やすなどの声が聞かれたが、もっとも多かった回答が、遠くを見ること。

スポンサーリンク

悪くなった視力はもとにもどらない

丸田佳奈先生によると、視力低下の進行を防ぐためには遠くを見るのはよいが、悪くなった視力はもとに戻らない。

川村優希先生によると、たしかに進行した近視は良くならないが、仮性近視で長時間目が緊張した状態で放置してしまうと、本格的な近視に進んでしまうことがある。遠くを見ることはとてもよく太鼓判。

1日1分で視力が上がるか?

0.01だった視力が定期的に治療に通うことで、0.5まで回復したという女性が登場。

その女性が通ったのが、「目はよくなる」の著者・日本リバースの今野清志先生。

カレースプーンでトントン

ご家庭では、指で軽くタッピングする程度にしてくださいということだが、カレースプーンでトントンと軽くたたくことで、血流や自律神経に働きかけるそう。

そのやり方は

(1)約60度のお湯にスプーンを3秒間入れ、水気を取ったら肌に当て少し熱いと感じる程度まで冷ます

(2)眉間からこめかみにかけて少しずつずらしながら、1か所10回程度軽くたたく

これを5回繰り返す。

(3)目の下1cmほどのラインも、同じように横にずらしながらたたく

(4)眉の上1cm、眉、眉の下1cm あたりをなでるように刺激する

これも5回繰り返す。

森岡眼科・森岡清史院長によると、スプーンでたたくことにより、目のまわりが刺激され、血流が改善し酸素不足が改善される。

目は脳と同じような組織で、筋肉が細かく動いていて、それがすごく酸素を消費している。

目は周囲の筋肉を酷使すると、多くの酸素を消費する、酸素は血液によって運ばれるので、血流が悪化すると目の筋肉が働かず視力が低下しやすい。

温めたスプーンで刺激すると、血流が改善し筋肉が活発化し、視力改善が期待できるという。

スタジオに今野先生が登場し、視力のよくない川田アナが体験。

家庭で行うときは、軽く指でタッチするようにということ。

眼科医が考案!自宅でできる視力回復メソッド [ 本部千博 ]
価格: 1,296円 レビュー評価:3.85 レビュー数:269 (2017.1.9時点)
1日5分かけるだけ!眼筋トレーニングめがね付き Gakken hit mook 本部千博 学研パブリッシング 学研プラスBKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2013年02月 ページ数:34p サイズ:ムックその他 ISBN:9784056069471 本 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学 科学・技術 医学・薬学 家庭の医学
Supported by 楽天ウェブサービス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ