きわめびと 今すぐ使える極意SP 眠るための寝室工夫・ひょっとこ体操、赤ちゃんの夜泣き

NHK総合テレビ「助けて!きわめびと」の今すぐ使える極意スペシャルで、睡眠に関することが2つ、おさらいのようにエッセンスだけだが登場。

眠りたいのに寝られないときの寝室の工夫や、赤ちゃんの夜泣きは真似するのが難しいかもしれないが、すぐに出来ることもあるのでメモメモ。

スポンサーリンク

目からウロコの快眠術

毎日ぐっすり眠りたいが、眠りたいのに眠れない。

僧侶で臨床心理士でもある吉村昇洋さんの、ぐっすり眠れる極意は「寝床に余計なものを置かない」

寝床に入ったときに寝ること以外のことをしてしまうと、脳が学習してしまう。

ふとんと枕以外のものを撤去して、テレビや携帯などを寝るスペースから隔離して、眠りに集中する。

それでも眠れないときは、リラ~ックス。布団の上で気軽にできる「ひょっとこ体操」をしてみる。その方法は

(1)まずひょっとこをイメージして、口を前に出す。もっともっと前に出す。

(2)目を上へ向けて、まゆげを上へ向けていく。

顔にふわ~っとした、温かみがくるまでやると力が抜けている状態。これを何回かやると、自分の顔がいま力が抜けているんだということを脳が理解していく。

ひょっとこ体操のあとは、緊張がゆるみ、眠気が起きやすくなるのだそう。

夜泣きストップのマル秘作戦

赤ちゃんの夜泣きで眠れないという悩みに、夜泣き専門保育士・清水悦子さんの極意は「赤ちゃんに勘違いをさせない」こと。

実は夜泣きのあとのお母さんに問題があるという。それは、なんと、泣き止ますためにおっぱいをあげていたこと。

清水さんによると、夜起きると必ずおっぱいをもらわないといけないんだと、赤ちゃんが勘違いをしてしまうとのこと。

やってほしいのは、寝たふり作戦。

泣き止ますためには、おっぱいをあげずに、夜泣きしても、寝たふりをして起きない。

寝たふりをしていても夜泣きがおさまって再び眠りにつくが、心の中で100数えても泣き続けているようなときは見てあげる。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド [ 清水悦子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

寝たふりするのは勇気が要りそう。ひょっとこ体操は、本当に今晩から使えそう。実際に効果を実感できれば、それが安心材料になってもっと眠りにつきやすくなりそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ