この差って何ですか?足がよくつる人とつらない人の差

8月7日のTBS系テレビ「この差って何ですか?」で、足がよくつる人と足のつらない人の差が紹介。

街頭インタビューでは「寝てるときにつったことがない」という人や、「毎日」「絶叫しますよ」という人も。

足がつる原因としては、加齢や筋肉疲労などもあるが、他にもある意外な差が。

スポンサーリンク

汗を多くかいたかかいていないか

帝京大学医学部付属溝口病院客員教授の出沢明先生によると、足がつるかつらないかは、汗を多くかいたかかいていないかの差。

ふくらはぎの筋肉は、脳から足を動かしなさいという指令が入ると、筋肉が収縮し、足が曲がる。

この筋肉が動くときに非常に重要なのがマグネシウムイオン。

マグネシウムイオンは、汗をかくと汗とともに排出されてしまう。

すると、脳からふくらはぎへの指令がうまく伝わらなくなり、筋肉が必要以上に縮むのがつるという現象。

なぜ寝ているときにつりやすいのか?

寝ているときは、足先が下のほうを向いているので、ふくらはぎの筋肉は縮んだ状態になっている。

ここに間違った指令が届くと、より足がつりやすくなる。

つったときは、足のつま先を体幹のほうにひっぱって筋肉をゆっくりと伸ばしてやる。

寝る前に水分補給する

予防法としては、寝る前に水分を補給数する。特に、マグネシウムの入ったミネラルウォーターがおすすめとのこと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ