ノンストップ 8/3 深部体温がカギ!熱帯夜もぐっすり最強快眠術

8月3日のフジテレビ系「ノンストップ」で、熱帯夜もぐっすり快眠術が紹介。

教えてくれるのは快眠セラピストの三橋美穂さん。

快眠の法則があるという三橋さん。そのポイントは、深部体温を下げること。

スポンサーリンク

深部体温とは

体温には、体の表面の皮膚体温と内側の深部体温がある。

深部体温は夕方ごろ最も高いが、眠りに入ってから1度くらい下がるとぐっすり眠ることができる。

いかにして深部体温を下げるかがポイント。

寝る1時間前に(1)室温を25度に

寝る1時間前に、エアコンで室温を25度に下げておく。湿度は除湿モードなどで50~60%にする。

涼しい環境に身をおくことで、体にこもった熱が放出されやすくなり、深部体温が下がるのを助けてくれる。

寝る1時間前に(2)入浴

二つ目は入浴。38~40℃のぬるめの湯船に15分ほどつかる。

深部体温を下げるには、あえて一度体温を上げておくのがポイント。深部体温が上がると、体は反動で強く下げようとするので、入浴で一時的に上がった深部体温は下がりやすくなる。

エアコンは寝る直前に28℃にしてタイマーは設定しない

寝る直前に25℃から28℃に変更する。

そうすると1時間ほどかけて室温がゆるやかに上昇。このとき、体が自然な発汗をし、汗が体内の熱を逃がしてくれる。

タイマーは設定せず一晩中28℃のままにしておくことで、冷えすぎなどにならず、快適な状態を保つことができる。

深部体温はこんな方法でも下げられる

夏はシャワーだけという人は、手や足だけ43℃程度の湯につけたり、熱いタオルで足裏を拭く。

心臓から一番遠い手先や足先が温まると、深部タイソンが外に逃げていきやすくなる。

唐辛子などのカプサイシンの含まれた夕食をとる。カプサイシンは体温を上げる作用があり、そのあと急激に下がってくるときに眠気が強くなる。

オススメ寝間着

麻やシルク、ガーゼ素材の吸水性、発散性のよい素材のものを選ぶ。

冷えすぎ予防も靴下は避ける。靴下を履いてしまうと、足先から熱を放出するのを妨げてしまうので、必要ならレッグウォーマーにする。

お手軽快眠グッズ 小豆パック

袋に小豆を入れたあずきパックを1時間冷凍庫に入れておき、眠るときに枕に乗せ頭部を冷やす。

頭部を冷やすと、脳がクールダウンし、深部体温を下げる手助けにもなる。

小豆パックは30分ほどで常温に戻る。布団に入ってから寝るまでは一般に10~20分なので、眠りにつくまでひんやり感が持ち、冷やし過ぎることもない。

お手軽快眠グッズ 敷きパッド

背中の暑さや蒸れを解消してくれる敷きパッド。通気性を考えると、あまりやわらかいものは避ける。

三橋さんのおすすめは、通気性のよい麻パッド。表面だけでなく中も麻のものがよい。

密着しすぎない工夫

背中が密着しすぎないように、背中の広さほどの大きさの段ボールや、お風呂場に敷くシーグラスマットをシーツの下に敷いてもよい。

抱き枕も、横向きで背中があき、脇の下やひざの間にも隙間ができるので、寝苦しさの解消につながる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ