この差って何ですか?虫歯になる人とならない人の差

6月12日のTBS系「この差って何ですか?」

言われると気になるランキングの7位に、『虫歯になる人とならない人の差』が。

街中のロケでも、毎日朝昼晩歯みがきを欠かさなくても虫歯になりやすい人と、夜しか磨かないけど一回も虫歯になったことがない人がいるが、ランキング形式の最下位の7位ということは、みんなそんなに興味がないのか、それともあきらめているのか?

ある程度の年齢になって健康な歯を意識しても、その段階ではもう手遅れになっていることも多い感じだし。

日本大学歯学部の宮崎真至先生によると、この差は2つ。

スポンサーリンク

3歳までに家族から虫歯菌が移ったかどうか

口の中には500種類以上の細菌がいるが、その中で特に虫歯菌とよばれているのがミュータンス菌。

このミュータンス菌が食べ残しがあるとそれを食べ、そのときに酸を出し歯を溶かしていく。

こうして虫歯になってしまうが、この虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口のなかには存在しない。

なぜ感染するかは家族。赤ちゃんにキスをしたり、大人がつかった同じスプーンなどを使うことによって、虫歯菌が赤ちゃんの口に移ってしまう。

なぜ3歳までなのか?

口のなかにはいろんな細菌がいるが、口のなかに定住するとみんなで集落をつくる。

3歳ぐらいまでに定着する細菌が決まり、新しい菌は寄せ付けずにやっつける機能をもっている。

3歳までに虫歯菌がない状態にしておけば、それ以降は虫歯菌が口のなかに入ろうとしても、定住しなくなるので虫歯になりにくい。

虫歯のまったくない人は、両親にあらためて感謝ですね。

スポンサーリンク

よく噛んで食事をしているかどうか

もうひとつは、よく噛んで食事をしているかどうか

唾液には、虫歯菌の増殖を抑制する抗菌作用があり、また唾液によって虫歯菌が洗い流されていく。

なので、よく噛む人は虫歯がすくない。

唾液分泌量の低下チェック

つぎの5つの項目にあてはまる人は唾液の分泌量がすくない。

(1)柔らかいものばかり食べる

(2)人前で話すことが多い

(3)口を開けて寝ている

(4)花粉症や鼻炎である

(5)たばこを吸っている

唾液線のマッサージ

唾液の量を増やす方法として、唾液腺のマッサージが紹介。

頬のあたりを口をとじて円を描くように10回ほどゆっくりマッサージする。

唾液の少ない人は、マッサージしたあとに食事をとると、唾液の抗菌作用やばい菌を流す作用によって虫歯を予防できる。

7位ということは、ひょっとしたら3歳までに親が噛み砕いたりしたものを与えたらだめだというのは、もはや常識なのかも。

口内フローラは変えられないみたいだけど、唾液の量はふやすことができる。

昨日のサタデープラスで高橋英樹さんが健康法としてやっていた、ひとくち口にしたら席を立って30回噛み飲み込んでから、またひとくち口にして席を立って30回噛んで・・・というのは、なかなか真似できないが、このマッサージだと簡単にできるので、ごはんをたべる前にぜひ実践してみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ